【業界人による徹底解説】海外ホテル検索に便利な Trivagoとは?


 

How to 旅のDIY シリーズ.06

旅の良し悪しを決める重要な要素、飛行機の次に大事なパーツ=「宿」。

人によっては、この宿こそが、最大の旅の目的だったり醍醐味という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

雨風暑さ寒さを防ぐだけではなく、旅先での色々な刺激やストレスを受けて疲れた心、いろいろなところを歩き疲れた身体、心身ともに安らぎを得て、翌日の旅へと充電をする場所。

そして、ときには一流のサービスに浸り優雅な時間を過ごしたり、現地の文化を体感したり、美味しい食事を取ったり、自分や仲間、家族と向き合う時間を過ごしたりとこの宿で過ごす時間は本当に貴重な時間です。

さて、そんな旅に欠かせない「宿」業界をとりまく環境が劇的に変わってきました。

その環境を大きく変えたのが、やはりインターネットです。

今回はその業界を席巻するOTA=Online Travel Agencyという存在とそれをとりまとめて検索するサイトtrivgoについてご紹介致します。

宿泊(ホテル)業界を席巻するOnline Travel Agencyという存在

OTAとは、Online Travel Agencyの略称で、日本語だとオンライン旅行代理店になるのでしょうか。

従来型のパッケージツアーを主力とする旅行代理店に打って変わって、劇的に予約の比率を伸ばしました。

国内サービスの例で言うと、「じゃらん」や「楽天トラベル」です。海外サービスで言うと、「Booking.com」や「Expedia」というようなところです。どのサービスも一度は耳にしたことがあるようなサービスかと思います。

下記ページにて、おすすめの各予約サイトとその特徴などをまとめていますので、是非参考にしてみてください

【おすすめの海外航空券予約サイト・ホテル予約サイトなどを徹底比較】旅のDIY・海外自由旅はこちらから!!

ここまでの流れを見ていると、ホテル業界も細かくは違えど、航空業界と同じような道を歩んでいるように見えます。

オンライン予約サービスが続々と出てくると次に起こったのが、それをまとめて検索をするサイトの登場です。

航空業界では、前回ご紹介したスカイスキャナー(skyscanner)が検索サイトの覇者でしょう。

 

海外ホテル検索に便利なtrivago トリバゴってなに

トリバゴは、わずか数ステップで250社以上の予約サイトから世界中100万軒以上の宿泊施設の料金を比較。毎月1億2000万人が利用

trivago(トリバゴ)は スカイスキャナーのホテル版?

 

このtrivagoもスカイスキャナーと同じく、旅行社やOTAを横断して検索を掛けることができます。主に宿泊費の最安値を発掘することを目的に利用価値があります。この手のサイトはいくつか存在しますが、海外のホテル検索を行う上では、現在世界で最も優秀なサービスといえるでしょう。

それでは、今回ご紹介するtrivagoのここが秀逸だなぁと思っている点を下記にまとめてみましたので、ご参考にしてみてくださいませ。

trivagoのここが秀逸①|予約サイト・旅行社を横断して検索できる

trivagoが一番うたい文句にしているのはこの点でしょう。モンスターサイトBooking.comやExpedia、国内では楽天トラベルやJTBなども網羅していいます。スカイスキャナー同様、あちこちのサイトを見て回る必要がないのでその点は非常に便利です。

%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%94%bb%e9%9d%a2

 

 

 

trivagoのここが秀逸②|とにかくシンプルで操作性抜群なUI

%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e7%94%bb%e9%9d%a2

なんともシンプルなホーム画面。

とにかく、ここに行きたい旅先の街の名前を入れれば、検索スタート。

あとは、気になる条件をペッペッペーと入れていくだけで、条件に沿った予約プランが表示されていきます。すごく簡単です。

検索時に便利なのが、地図の機能です。ぱっと見でどの辺りにホテルがあるかが分かるので、手っ取り早く立地ベースで宿を探したい人にはおすすめです。

せっかくいいホテル探したのに、街の中心部まで1時間かよ、みたいな時間ロスも防げます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-14-47-53

立地ベースでの検索に便利な地図機能

 

trivagoのここが秀逸③|簡単検索からこだわりの条件検索まで

そして、上のようなシンプルな検索から、まるで不動産サイトのように、様々な細かい条件までを入れて探すことができるのがtrivagoの優秀な点です。

%e6%9d%a1%e4%bb%b6%e6%a4%9c%e7%b4%a2

 

これを展開すると非常にたくさんの条件が展開されます。こだわり派の人にも便利ですね。

例えば、僕にとっての必須はWi-Fiが無料で利用できるかどうかです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-14-25-57

以上、trivagoの秀逸な点をご紹介致しました。

しかしながら、スカイスキャナー同様、このtrivagoもまだまだ完璧ではありません。

trivagoもやはり完璧ではない。。。

やはり、予約サイトやホテル発のキャンペーンなどが検索に含まれない傾向が強いです。

また、航空券以上に、ホテルには非常に様々な部屋タイプやプラン(朝食あり・サービス付帯など)があり、一概に表面の料金だけでは比較をしにくいところがあります。

ですが、trivagoのシンプルさ、操作性、条件検索の強みは料金以外の面でも非常に役立つことが多いのも事実です。

ホテルの予約をどこから始めたら良いか分からないというような方は是非、このtrivagoから検索をしてみると良いかもしれません。

 

まとめ:海外ホテル予約はOTA・検索サイトはtrivagoが便利

インターネットで世の中が便利になることで、ホテル業界も「流通」の流れががらっと変わりました。OTAの勢いが増すと同時に、世界の大手チェーンや、独立ホテルなどは自分たちのサイト上からのダイレクトセールスに力を入れ始めています。これも航空業界同様に世の流れとなっています。参入障壁が低いだけに、今後益々予約サイトや検索サイトが増え、戦国時代のような様相を呈するでしょう。

⇒Trivagoを覗いてみる

 

この記事が気に入ったらシェア

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください